お客様体験談 2011年12月

お客様体験談 2012年12月


ご参加頂きました廣瀬様から下記の体験談とお写真をお送り頂きました。


   2011年12月21日出発 廣瀬様より

出発1日目
東京からの長い旅路の最後に、水上タクシーでホテルへ。
大運河沿いでサンマルコ広場のすぐ近くのホテルモナコ&グランカナルに到着。

このホテルへのアクセスはベネチアだけであろう。少し元気になった。

下写真 水上ボートにて到着するところ

お客様撮影・ホテルモナコ&グランカナルの入り口

朝、こちらの夜明けは8時。
アドリア海からの朝日がサン・ジョルジュ・マッジョーレ教会から登る。前景にゴンドラ、寒さを忘れる風景


お客様撮影・ベネチアの朝焼け

お客様撮影・朝食は絶品のクロワッサン
朝食はホテルのレストラン。

人気のレストランの朝食だけあってシンプルであるが「クロワッサン」が焼きたてぱりぱりで、思わず沢山食べてしまう。

ボーノ!

窓の外には船が通り、まさに別世界



朝日が差して、ため息橋に私たち3人の陰。ハイポーズの1枚

お客様撮影・ベネチア・ため息橋にて

サンマルコ寺院の鐘楼に登る。
ベネチアの赤煉瓦の家並みに鐘楼の陰、遠くに見えるアルプスには雪・・・初冬のベネチア


お客様撮影・サンマルコ寺院鐘楼から

お客様撮影・プンタ・デッラ・ドガーナ現代美術館
プンタ・デッラ・ドガーナ現代美術館は、
重いテーマをじっくり感じさせるため、外にみえる華やかな街の風景とのコントラストで、
ベネチアの歴史の深さを考えさせる。

外に展示されているサルーテ岬の少年の像(手にもってるのはカエル)が風景と不思議なコントラスト


夕食は トラットリア・VEDOVA にて。大衆的な雰囲気と料金ではあるが、レバー料理、肉団子など地元の料理を満喫!


お客様撮影・レバーの煮込みとポレンタ

ベネチアから鉄道でフィレンツェへ。
鉄道は30分遅延して到着し、乗り継ぎのバスが心配に・・・
駅を駆け抜け、トスカーナ/アグリツーリズモ行きのバスの乗り込む。

どんな宿か心配したが、畑のなかにある1400年に建てられた家を3年かけて改装したすてきな宿


お客様撮影・トスカーナのアグリツーリズモ
お客様撮影・アグリツーリズモの部屋の窓から


ダイニングキッチンと寝室2部屋。ゆったりと過ごせる。
(ただし、石作りで広い部屋などの暖まるのに時間がかかる)

窓から遠くを眺めると、手前には冬蒔き小麦がゆるい丘陵地帯が広がる。


お客様撮影・ブルネッロを購入


モンタルチーノはワインの産地。
ワインショップで沢山のワインを試飲してから、観光のワイナリー見学へ。
ここでも試飲し、おいしいワインを購入


お客様撮影・アグリツーリズモでの夕焼け


世界遺産のオルチャ渓谷、ピエンツァを観光し、宿に戻ると、その世界遺産の風景よりも、もっと感動的な夕焼けがあった。



お客様撮影・アグリツーリズモの夕食

今日はクリスマスディナー。
24日のイブは肉は食べず魚貝のコースだったが、今日25日はメインはオルチャ牛のステーキ、両手ほどの2枚の肉を炭火で焼く。
火の近くでワイルドに肉をほおばる。


お客様撮影・アグリツーリズモの犬と遊ぶ


この宿の看板犬は、大きな体ではあるが人なつこい。愛嬌がありかわいい。


お客様撮影・フィレンツェ街角の花屋さん


旅の最後はフィレンツェ。ミケランッジェロ広場へ登る坂にて、花屋さんの一枚。

西洋の歴史を作ってきたキリスト教文化と古い町並みが、現代のイタリアの人々の知恵と努力(税金)で守られ、過去を過去として終わらせず、今に繋いでいることが、理解できました。

食についても、トスカーナのチーズ、ハムを中心に食材を堪能し、素朴な料理とトスカーナワインのハーモニーを満喫しました。