青の洞窟入場率予報と確率の徹底分析!

ツーリストのあや
南イタリア旅行を計画中の私が、経験豊富なカプリの船頭さんに青の洞窟の全てを聞きました。

青の洞窟に入れる条件は?

波風がポイント

ツーリストのあや

船頭さん。私、イタリアに行くからには絶対に青の洞窟に入りたいんです。

カプリの船頭

青の洞窟は、天候の状況によってすぐに入場できなくなるとってもデリケートなところなんだよ。

ツーリストのあや

何が一番左右するところなんですか?

カプリの船頭

一番重要なのは、波と風。洞窟は幅2メートル、高さ1メートルの小さい入口しかないから波が高いと すぐにその入り口が波でふさがってしまうんだよ。
風が強くても、結果的に波が高くなるし、僕たちも小さな入り口に入るためのデリケートな操縦できなくなってしまうから、青の洞窟は閉まるんだよ。

ツーリストのあや

そうなのね。晴れていれば開いていて、雨が降ると閉まるのかと思ってました。
それなら雨が降っても波が高くなければオープンしているんですか?

カプリの船頭

雨が降ったら、ボートに乗っている間も濡れてしまうから、びしょびしょになって観光は出来ないからね。
それに雨の時は海水の水位も上がるから入り口も狭くなる訳です。 雨が降ったらまず閉まっていると思っていいですよ。

青の洞窟に入るための時期選び

海が穏やかな時期を選ぼう

ツーリストのあや

それでは、いつ頃行けばいいんですか?

カプリの船頭

青の洞窟を見るために旅行を計画するのなら、波が穏やかな時期を選ばなければならないね。
雨がとても少ないのは6月~8月だね。下がカプリの平均年間降水量だよ。

カプリの平均年間降水量

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量(mm) 69 56 56 39 33 15 23 38 48 48 102 86
ツーリストのあや

入場率は降水量に比例するってことですね。

カプリの船頭

大体そう言えるね。下が過去数年の平均月別の青の洞窟入場率だよ。

青の洞窟入場率

平均入場率
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
入場率   16% 12% 35% 61% 70% 81% 83% 84% 60% 58% 40% 24%

波が高い冬の時期11月~2月は閉まっていることが多く、1か月のうちで、開いているのは5-7日だけだよ。それでも全く閉まっているわけではないから、運が良ければ入れるよ。

7,8月は確率が高いけれど、観光客も沢山集まるから、その分待ち時間も増えるのは覚悟してね

但し、天候が毎年変わるのと同じく、青の洞窟の入場率もその年によってだいぶ変わってくるのだよ。過去のデータを比べてみるよ。

青の洞窟の過去の入場率

2014年の入場率
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
入場率   22% 7% 55% 47% 81% 83% 64% 81% 66% 58% 50% 13%
2015年の入場率
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
入場率   16% 21% 29% 61% 80% 83% 87% 84% 52% 42% 52% 41%
2016年の入場率
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
入場率   10% 0% 35% 70% 45% 70% 71% 74% 54% 26% 17% 3%

2016年は7月でも夏でも波が高い日が多かったために入場率は低かったし、一方2015年は暖冬で、11~12月も開いていることが多かったね。
その年の天候によるから、やはりあくまで目安だね。

潮の満ち引きも影響する?

カプリの船頭

それから、わずかではあるけど、潮の満ち引きも関係するよ。干潮時は入り口が大きくなる分、入場の確率も高くなるわけだね。

ツーリストのあや

満月カレンダーを見て、満月と新月の中間の干潮時に休暇を取ればいいってわけですね!
干潮時期に休暇を下さい。なんて会社に言うと「釣りにでも行くのか?」なんて言われちゃいそう。

青の洞窟入場予報は?

ツーリストのあや

それではずばり確率予報を教えてください!!

カプリの船頭

向こう2週間の洞窟入場確率予想はこの通りだよ。

週間天気予報と青の洞窟入場予報!!

12/15 16 17 18 19 20 21
天気 雨 曇り時々晴れ 晴れ時々曇り 晴れ 晴れ 晴れ時々曇り 晴れ
大荒れ 大荒れ 大荒れ やや荒れ 穏やか やや荒れ やや荒れ
確率 0% 10% 5% 0% 0% 0% 10%
22 23 24 25 26 27 28
天気 晴れ 晴れ 変わり易い天気 曇り時々晴れ 曇り 晴れ 晴れ時々曇り
穏やか 穏やか やや荒れ 穏やか 穏やか やや荒れ やや荒れ
確率 20% 20% 20% 30% 20% 15% 10%

カプリの船頭

週間天気予報と入場予報は日々変化するので、毎日チェックするといいよ。

今日の青の洞窟

 クローズ  2017年12月14日

クローズ

※洞窟の開閉状況は、1日のうちでも天候状況により急に変更することがあり得ますのでご注意下さい。

※洞窟は毎日9時から17時までです。

2017年、今年の入場確率の傾向は?

ツーリストのあや

2017年、今年のカプリのお天気はどうだったのかしら?例年に比べて入場率はよかったの?
それと、旅行を計画するにあたって、長期の予想も知りたいわ!

カプリの船頭

だいぶ無理難題を言っているね。3日後の予想だってなかなか難しいのだから、長期の予想は難しいよ。
傾向から言えば12月の南イタリアは前半はお天気が変わり易く、雨の日が多いよ。
後半はお天気の日も多いけれど、やはり冬季は波が高い日が多いので、入場はかなり難しそうだよ。

青の洞窟の今年の実績と傾向

2017年の入場率
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
入場率   0% 10% 26% 70% 58% 80% 70% 81% 40% 68% 13% ?%

※1日のうちで非常に短時間のみオープンした場合は、統計に入れていません。


カプリの船頭

11月は雨の日が多く11月の入場率は昨年同様低いものとなりました。

青の洞窟への行き方は?

海から行く?それとも陸路?

ナポリやソレントからの船が到着するマリーナグランデ港に着いたら、海路と陸路で行く2つの方法があります。

海から行く方法

船から降りたら青の洞窟行のモーターボート乗り場が0番桟橋から出ています。モーターボートに乗って約10分で青の洞窟前まで到着します。
乗り場はフェリーから降りたすぐのところで分かりやすいです。下のマリーナグランデの地図を参考にしてください。

これが一番簡単な方法です。
難点は、陸路より料金が高い事と、夏場の混み合っているシーズンだったら青洞窟到着後に洞窟前でボートの上で1時間以上待つこともあること。
停泊している船は、意外と揺れるものなので、船に弱い方は酔い止めを用意しておくのがよさそうです。
モーターボート代は往復で15ユーロ。更に、青の洞窟入場料の14ユーロが別に掛ります。

陸から行く方法

マリーナグランデから行くのなら、 バスにて マリーナグランデ⇒アナカプリ、乗り換えて アナカプリ⇒青の洞窟 と行きます。

マリーナグランデでバスに乗車!

下の地図はマリーナグランデの地図です。

カプリ・マリーナグランデ地図

カプリへの高速船やフェリーは、マリーナグランデの埠頭につきます。
埠頭を出たところを埠頭を背に右に曲がり、まずはバスのチケットを買います。
チケット売り場は船のチケット売り場と隣り合わせになっています。

カプリ・マリーナグランデのバスチケット売り場
左が各船会社、右がバスのチケット売り場

その先にアナカプリ行きのバス停留所があります。
カプリ行のバスとアナカプリ行の列があるので、青の洞窟に行くにはアナカプリ行きのバスに乗ってください。

カプリ・マリーナグランデからアナカプリへ行くバス
夏場はバスも混み合います
アナカプリ行きバス
バスには行先が表示されています
カプリのバス
古いタイプのバスはフロントガラスに行先の看板があります
バスでアナカプリへ

下の地図は、マリーナグランデから青の洞窟までのバスルートの地図です。

青の洞窟へのバス地図
マリーナグランデからアナカプリは黄色のルートを走ります。

バスの右側に座ると、下の写真のような断崖絶壁も見られて、スリルもあり、楽しい!
ただ、夏場はバスも混雑するので、席を選ぶのも難しいと思います。
アナカプリ行きバス
こんな断崖絶壁を通りスリル満点!
バスからのパノラマ
パスからのパノラマが素敵
アナカプリで乗り換え
アナカプリは終点です。ヴィットーリア広場 (PIAZZA VITTORIA) に着いたら、バスを乗り換えます。
バス乗り場は同じ停留所ではないので、進行方向の道を50mほど徒歩で進みます。
青の洞窟行のバス乗り場があります。

下の地図は、アナカプリの中心地の地図です。

アナカプリ地図
地図の青の点線を徒歩にて移動してください
バスの停留所に青の洞窟行 ≪GROTTA AZZURRA≫ のバスが来たら、それに乗車して15-20分で到着します。
毎15-30分の間隔で出ています
バス停から青の洞窟へ

いよいよ青の洞窟のバス停を降りたら、洞窟まで到着です。
ここからはもうすぐ。
目の前の階段を下りて行くと、洞窟の入り口に到着します。
ボートより時間はかかりますが、一旦到着すれば海路より待ち時間は少ないです。
なにより揺れる船の上で待たされるのは辛いので、足場がしっかりしている陸で待ったほうが安心感はあります。
バスは一回券が2ユーロ、1日券でも6ユーロなので、ボートより節約できます。 もちろん青の洞窟の入場料は別途14ユーロ必要です。

(2017年9月現在)

ページの先頭へ