イタリアでクリスマスを迎える!


イタリアでクリスマスを迎える!

イタリアのクリスマス


イタリアはカトリックの国。イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の記念日・祭日であるクリスマスは、
イタリアの中で一番大事な行事といってもいいでしょう。

クリスマスの当日は、日本やアメリカのような商業的なムードはなく、以外とひっそりとしているのが特徴です。
12月24日深夜にはイタリア各地の教会でミサが行われ、クリスマスの25日と翌26日サント・ステファノの日の両日が祝日になります。
この2日間はお店や会社もお休みとなり、街は静まり返ります。

カップルや友達と出かける習慣はなく、家族でのんびりと過ごすのが一般的だからです。
出稼ぎや学校などで、離れて暮らす家族もこの時期は帰省し、日本のお正月のように家族・親戚と過ごします。
イタリアのマンマも腕を奮いご馳走を作って、24日イブの夕食と、25日の昼食に、ゆっくりと時間をかけて食べます。


年末年始の休みも利用して、せっかくだからイタリアでクリスマスを過ごしたい!
そんな方には、ではどのような見どころがあるのでしょうか?


街のクリスマスマーケット Mercatini di Natale
クリスマスマーケット
イタリアの各都市では、クリスマスの時期になると街の広場でクリスマス市が開かれます。クリスマス用の飾り付け、お菓子やおもちゃなどの屋台が並び、子供連れ、観光客で賑わいます。
北部トレンティーノ・アルト・アディジェ州のボルツァーノBolzanoやメラーノMeranoなどはアルプス地方独特の華やかなマーケットが並び有名です。
貴方が訪れる都市でもきっとマーケットは開かれていると思いますので、要チェック!
http://www.mercatini-natale.com/mercatini_natale_italia.html

マーケットはクリスマス前に終了する場合と、年始まで開かれている場合と、都市によって異なります。


クリスマスツリーやプレセピオを楽しむ!
ヴァチカンのプレセピオ
イタリア各地の広場や駅には大きなクリスマスツリーが飾られます。観光地で有名なものは、コロッセオの前に立つ大きなクリスマスツリー。

イタリアでは各地でクリスマスツリーの他、伝統的なプレゼピオが教会などに飾られます。
プレゼピオとは、キリスト生誕の場面を人形で再現した飾付けのこと。教会で大掛かりに飾りつけられるものの他、家庭でもクリスマスツリーと同様飾られます。
プレゼピオで有名なのは、カトリック教の総本山であるヴァチカン市国のサン・ピエトロ広場に飾られる巨大なプレゼピオ。
また、ナポリのプレセピオも大変有名で、この時期、サン・グレゴリオ・アルメーノ通りは、クリスマスに飾り付けをするプレゼピオを買い求める人々で日本のアメ横のように大変賑わいます。


クリスマスコンサートやイベント
クリスマスコンサート
この時期はクリスマスに合わせて、教会や劇場などでクリスマス用のクラシカルコンサートやコーラスコンサートが開かれます。
地元の小さなコンサートなども魅力的です。
しっとりと厳かにクリスマス気分に浸ってみるのもよいのでは。